薬

ペットを飼っている方は必見!危ないフィラリアからガードする予防薬

犬によって危険な寄生虫

犬

フィラリアとは、感染を起こしている犬の血液を蚊が吸った時に感染する事により、他の犬の血液を吸ったと時に犬糸状虫の感染により寄生虫が血管を通して侵入する事で感染を起こす病気になり、肉眼では見えない程の大きさの幼虫が成長をしていき、やがて成虫になると最終的に右心房や左心房等の心臓や肺の動脈を住処としてしまい血液を循環を悪くしてしまう事により様々な障害が体に起こる様になり、それらはどれも犬にとっては大きな障害となり得ます。
症状としては、血流の悪化により咳が頻回に起こす様になる事や呼吸困難、極度に散歩を嫌がり、自宅内でも息切れ等を起こす様になり、肝臓あるいは腎臓に障害を起こす事により赤褐色の尿が出る事もあり、他にも喉の異常な渇きにより水分の摂取量が多くなる事や嘔吐、前足、後足の四肢に浮腫が起こり、妊娠した様に腹部が腫れる様になる事も有ります。
上記の症状は感染したからといって直ぐにフィラリア症が起こるものでも無く数年起こらない事もあり、いずれの場合でも危険な状態にある事は間違い無く、健康に見えても突然死してしまう事もあるので定期的な検査やその予防を必要としており、蚊を感染経路とするので特に夏場は飼い主の方が注意しなければならず、一夏予防薬等を用いらない事での感染率は約四割、三夏何も行わなければほぼ確実に感染するとも言われているので愛犬が長生きする為にも必要な治療や検査を怠る事は出来ません。
フィラリア予防薬としてはレボリューションとう犬専用の医薬品が有り、これを月に一回投薬する事で感染予防に繋がり又、ダニやノミを駆除する効果も持っており、錠剤を苦手とする犬もいますが、剤形が液状でスポットタイプとなるので背中に滴下するだけで皮膚より血管に透過し全身に成分を行き渡らせる事が出来ます。
予防薬としては有効性が高いものですが、薬で駆除する際のデメリットとして最終の住処が心臓等となるだけに血管内で成虫が死ぬ事で血管を詰まらせる可能性が有り、場合によっては特殊な医療器具を用いて心臓から成虫を取り出す事も有りますので、上記の症状を照らし異変を感じる様であれば掛かり付けの獣医に速やかに相談する必要が有ります。